KūとTEN 
-より豊かな自然と人をつくる米-

年を追うごとに

土が健康になり、

生態系を豊かにして、

食べた人も元気にする

そして、何よりも美味しい。

 

そんな「贅沢」が

当たり前となる社会へ。

 

米からはじめる未来への投資。

それが「Kū」と「TEN」です。​

Kū (空)

大粒のコシヒカリ。

通常のコシヒカリよりも

粒感が強く

それでいて食べやすく

炊き上がりの香りもよく

味わい深いお米になっています。

肥料の約95%を

自家製堆肥でまかなっています。

コシ白米_edited.jpg
福笑い白米.jpg

TEN (十)

福島県が14年かけて開発した

「福笑い」という希少品種です。

Kū よりもさらに大粒で

柔らかく、味はスッキリしていて

炊き上がりの香りも非常に高く

とても高級感のあるお米です。

肥料の100%を

自家製堆肥でまかない

育てました。

美味しさの秘密

稲本来の力を引き出すために

農薬、除草剤、化学肥料を

一切使用せずに

地元・会津で廃棄される

植物性資材を堆肥にして

田んぼへ還すことで

土の微生物を活性化し

自己免疫力と光合成を高める

水溶性炭素と必須ミネラルを

補っています。

1624884430301.jpg
農法が生む違い.png

そんな土づくりが育んだお米は

どこか矛盾するような

贅沢な特徴をもっています。

 

喉ごしスッキリだが、コクが深い

味わい深いが、食べ飽きない

甘みは強いが、眠気が来にくい

あっさりしているが、満足感が高い

たくさん食べても、もたれにくい

冷めても、美味しさがずっと長もち

炊けてから放っておくと

自然に発酵する

「自然を大切にすれば、

人にも優しいお米が育つ」

お米は、そう私たちに

語りかけているのかもしれません。