本物のお米は
環境にも優しい

1624884430301.jpg

質の高い有機作物を育てるには

質の高い堆肥が不可欠です

2004年

このことに気づいた代表・児島が

​それまでの貯金をつぎ込んで

自社堆肥場を建設するところから

無の会は始まりました

無の会のように自社堆肥場を持ち

自ら堆肥作りをする農園は

全国的にもきわめて稀です

それ以来さまざまな資材を使った

堆肥づくりをしてきましたが

現在は

会津で廃棄される植物素材

(かや、酒粕、稲わら、おから、油粕

米ぬか、雑穀ぬか、規格外の果実)

のみを使った堆肥を作っています

それに加え

腐敗を抑え発酵を進めるために

 

天然古代海藻粘土である

タナクラクレイ」や

木内鶴彦さんが開発した

太古の水」を

入れています

IMG20210412064640_edited.jpg