IMG_8287.jpeg

創業秘話

〜森林保護から有機農業へ〜

「会津の森を守る」

 

この思いをきっかけに生まれたのが

「自然農法 無の会」です

1980年代後半、バブルの真っ盛り

当時の中曽根内閣の方針のもと

日本全国でリゾート開発のブームが

巻き起こっていました

 

その波は会津にもおとづれ

山間部に広がる宏大なブナの森林を

バッサリと切り拓いて

大規模リゾートに変える計画が

立ち上がったのです

町が国から補助金をもらい

大手建設会社との契約も済ませ

ついに工事が始まろうとしていた頃

 

一部の町民が

世界的にも希少で

会津の自然循環において

極めて重要な機能を持つ

ブナの森林を保護するために

リゾート開発大反対運動を始めます

このとき

反対運動の資金調達に奔走したのが

のちに「無の会」を創業する

児島徳夫です

"今起こってるリゾート開発は

バブル期特有の

一時的なブームでしかない

でも、それによって失われる自然は

戻ってこない"

本能的にそう直感した児島は

地元の自然を愛する仲間と共に

精力的に活動した結果

 

住民投票によって

会津におけるリゾート開発計画は

中止となります

この活動をきっかけに

環境問題への知識を

深めていった児島は

現代の慣行農業が及ぼす

環境破壊の影響に

気がつきます

 

農薬、除草剤、化学肥料の多量投与で

自然の生態系が大きく崩され

人の心身へも被害が及んでいることが

分かってきたのです

"もっと自然に即した農業の在り方

を形にしなくてはならない"

 

その想いを追いかけて

当時、本業であった

県立高校の英語教員を務めながら

 

科学的にも世間的にも

未知の分野であった

無農薬・無化学肥料の稲作を

手探りではじめたのです

それから10年の歳月をかけて

有機栽培への理解が深まったのち

児島が設立したのが

「自然農法 無の会」です