「会津農書」と現代科学を
融合させた​独自の農法

Screen Shot 2021-10-09 at 21.27.23.png


















1600年台後半

会津盆地の百姓は

雪国ならでは循環農法で

全国平均の2倍以上のお米を

収穫していました。

その秘密が書かれたのが

会津農書」​

この日本を代表する

農業古典には、

時を経ても変わらない

「農」の本質と

江戸時代は当たり前だった

「循環農法」の知恵が

克明に記されています。

「会津農書」に基けば

現代農業のように

自然を人間の都合で

一方的に支配するのではなく

自然に学び、

地元の経済の営みや

会津の発酵文化をとり入れ、

多雪地域における

自然のエネルギーを

最大限に活用することで、

人の手を極限まで減らし、かつ

最高品質の作物を育てることが

可能になるのです。​

無の会では、このベースに

現代の有機農業理論

(BLOF理論)に基づいた

土壌検査や施肥設計を

組み合わせることで

地域で資材を循環させながら

年を追うごとに

豊かになる土づくりを通した

自然環境の活性化を

実践しています。